ツールドジャパンひたちなか

世の中、ワールドカップサッカーに湧き上がっている真っ只中にチャリネタで恐縮ですが、行って来ました雨の中;

予報では朝まで雨でその後は曇天だったのですが、結局一日中降ったり止んだりでした。
自転車レースの開催に雨風は関係ないのです。

朝、営業終了後にrobo主将に迎えに来てもらって、いざひたちなかへ。
会場に着くまでずーっと雨。
モチベーション下がりまくりです;

会場に着いてまずは試走。
コースは一カ所嫌なタイトコーナーがありましたが全体的に道幅が広く、長い直線、連続コーナー、多少の起伏とあって楽しめそう。
しかし雨は小降りだったもののしっかり濡れます;
スタートまでそんなに時間が開いてないのは幸いでした。

その後開会式があってレース開始。
今日の目標は
「無事完走」
なのでローラー台でのアップは無し。
試走で結構温まったし、ローラー台雨ざらしも嫌だしね。
目標を達するべくタイヤのセッティングもそれに合わせます。
使っているタイヤは空気圧の指定が最低110PSIなのですが、今回はそれを下回る100PSIにセット。
軽さは捨てて、滑り難い様にしました。

時間になり集合場所へ。
今回自分は「E2」主将は「E3」で残念ながら一緒には走れませんでしたが、メンバー表をよく見ると、E1E2E3はそれぞれ40代、30代、20代及び10代とほぼ年齢別に分けられていて、あくまでも実力の近い者同士で競い合える様配慮されていました。
E3はキツそう。
ま、主将には若い者同士で頑張って貰いましょう。

時間になり、一周のフォーメーションラップでスタート地点へ。
で、いつもの習慣でついスタートラインの最前列を陣取ってしまいました。
こうなるともう、最初から先頭集団で走るしかありません。
この時点で既に「無事完走」という目標は頭からすっ飛んでましたw
流石にクラスアップしたばかりなので表彰台は考えていなかったですが、どこまで頑張れるかという闘いになりました。

スタートの号砲と共にダッシュ。
4、2km×6周、25、2kmのレースのスタートです。
先頭に出るか出ないかの辺りからレースが始まり、自らも先頭でローテーションを回して「逃げ」を試みます。
まぁ逃げが成り立つとは考えて無いのですが、目論見としては集団を早めに分けてその後は先頭集団に埋もれて千切れないように頑張って順位を稼ぎたい。
それを自分で作ることでレースをより楽しもうという感じ。
無事完走の目標はどこへやら…

必死に走っているので後方で集団がどうなっているのかさっぱりでしたが、とりあえず前の方で走れていたので悪くない展開でした。
途中の長い直線でギャラリーの中から嫁さんと楓ちゃんの応援を見つけ、毎周回それに応えてとーちゃんは頑張りました。
3、4周目辺りで例の嫌なタイトコーナーでちょっとアウトに膨らんでしまいそうになったので、それを嫌ってあらよっと切り込んだ瞬間

すこーん

コケました。
幸い後続を巻き込む事もなく、体へのダメージも少なかったのですぐに立ち上がり集団を追走したものの結局追い付くことは出来ず。
最後は他に遅れてしまった人が2人いたので3人でゴールスプリントしてレースを終えました。

因みに主将は無事完走。
こんな日はそれが何よりさw

そしてミルキークラスの楓ちゃんも、補助輪付きで出走して無事完走。
楓ちゃんはまたぴかぴかのメダルをもらってご機嫌でした。
主将、撮影有難うございました。

今回の反省
言うまでもなく目標を忘れてしまった事に尽きます。

あー傷が痛ぇ;
[PR]

by senryu-ma | 2010-06-30 00:38